さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2017年06月06日

6月6日(火)のお弁当もありませ~ん

今日も息子のお弁当がないので
自分の分も作りませんでした。

・・・・・・・・なに食べたか 記憶がない

と言うのも9日に書いてるからです




夜は長男の嫁が買ってきてくれたケーキをいただきました。
と言っても 食べた後のプレートの画像(笑)

長男の計らいの「まきちゃん」
私も夫も三男も もの凄く 引きました(笑)

次男からは朝の内におめでとうメールがありましたが
「還暦だった?」と書いてありました
なので、還暦のお祝いに前倒しでバンコク往復チケットをくれと返信
「無理」と返事が来たので、還暦はまだ2年先だから頑張れと返しておきました。
  


Posted by 山羊 at 23:00Comments(0)日常

2007年09月21日

「奇跡のごはん」

奇跡のごはん(アマゾンへ飛びます)

著者はメロメロお料理研究家の「宮成なみ」さんで
他に「オトコをトリコにするメロメロレシピ!」も出版されています

16歳で難病を発症し腎臓を患い、社会復帰は無理と医師に宣告された著者が
お母様の独自の食事療法で奇跡的に回復し、そして念願の料理研究家になるまでの事が書かれています

透析予備軍の方にはカリウム・タンパク質を抑えるノウハウが書かれているので必見ですが
特に食育についての願いを伝えているので健康な方にもこそぜひ読んで貰いたい本です

「料理には愛情をひとふり」とよく言いますが 実態がないぶん それはどんなものでしょう
「ひとふり」とは 食べてくれる人に美味しいと思って貰えるような気持ち そんな気持ちを持って作ること
そしてこのご飯でみんなずっと健康でありたいと思うこと

この本を読むと 今日は何を作ろうかなぁ と考える時にほっこりした気持ちが沸いてきます


本の中の一説に感銘をうけたお母様のこんな言葉があります

おいしいごはんを作るには『お金』をかけるか、『手間』をかけるか、『知恵』をかけるか、そのどれかをかければいい。『お金』をかけなくても、おいしいごはんはつくれるし、人生だってそれと同じ。『時間』がなければ『知恵』を使えばいいとよ

この「手間と知恵」ですが
「手間と知恵」=「大変と面倒」 でもちょっと考え方の切り替えをすると 私には意外と楽しいものに思えてきます
この手間と知恵を使った時に 目の前で食べている人の気持ちと身体が満たされていく過程が分かるのがとても楽しいのです
まあ たまに「手間と知恵」が「大変と面倒」にすり替わることはあるけれど 目の前にある満足感という誘惑に負けて
またまた手間をかけてしまいたくなるのです


さて 夫の透析用のご飯はこの先ずっと進行形ですが
息子達に対する食育・・・というかご飯はもう終盤に向かってます
ここで私の もしかしてこれは失敗例かも?をひとつ

息子らには「美味しい」「うまい」という呪文(ひとふり)をかけながらご飯を食べさせ
お友達や彼女を連れてくると またもやその呪文を使って得意げに振る舞ってきました
そしてその結果・・・・・

もう嫁をめとっても良い年頃の長男 に
「あんた 彼女を待たせてないで サッサと結婚しなさいよ」 と言ってるのですが これがさっぱり
と言うか 誰でも良いから早く家から独立して欲しいのですが三人ともなかなか出て行かない
年功序列で何度も長男にせっついたところ
「やだよ 帰ってきたらご飯ないの嫌だから まだ結婚したくない 家にいたい」 とのたまうではありませんか

なんて事でしょう 息子の彼女様に ご飯で威嚇してどうするんだ! 自分! Σ(゜△゜;|

男の子にあれこれと美味しいものを食べさせるのも ちょっと問題あり でした (ーー;)

っていうか 息子よ 彼女に頼らずに 自分でなんとかしろ!!

かくなる上は宮成さんに 「料理で女をメロメロにするレシピ!」を出版して貰い
そしてそのレシピで彼女をメロメロにし・・・・・ その実態は

「美味しい!」「うまい!」「頼りになる!」と息子をおだてまくって貰い 
男の台所として君臨して貰いたいものです

いやだから なんでも良いから早く 家から出て行ってくれ~   

これが今の母の願いです    


Posted by 山羊 at 18:16Comments(0)日常

2007年01月18日

誕生日



本日は母の80歳の誕生日でした

さすがに歳の数だけのロウソクを立てるのは無理なので8本です (笑)



私の誕生日には息子達から何度かショートケーキを貰ったことかとがあるのですが(おもに小さい頃)

私が母の誕生日にケーキを買ってあげたのは たぶん今回が初めてかも

今日一日 80歳と言うことでカラオケ教室でもケーキを用意して貰って

友人達からもプレゼントをいただき お祝いの電話も何本か頂いたようです

数日前には朝のお参りを済ませたとたん玄関のチャイムがなって出て行くと

長兄のところからお祝いのコートが届いたとか 

いつもお仏壇にお参りしながら父(私の)に「毎日健康でありがたく暮らしている」と報告しているから

その時に届いたので何か関係があるのかなぁとも思ったと言ってました

(・・・・・いえいえ それは私の根回しによるものですから 内緒だけど (笑)



ただ・・・こんなに沢山お祝いして貰ったのが80年間の間で初めてだったので・・・・



「こんなにして貰って わたし どうにかなっちゃうじゃないだろうか」 と心配し出してしまいました

いやいや バァ(母)ちゃん あんたはまだまだ心配ないから安心して

「いゃあ これからボケるんじゃないだろうか」

いやいや 大丈夫 そのことに関しては 私はもう覚悟出来てるから



「・・・・・えっ?」



覚悟は出来てるけど 暴れる系のボケはちょっと困るなぁと思ってはいるけどね



「・・・・・ そりゃなって見なきゃ わからんよ」 凸(▼▼メ) ←ちょっとムカついた様子の母


とまあ 娘としては本音でお祝いの言葉を置いてきました



(。_+)☆\(-"-) バキッ!!   







80歳と言っても そこらへんの60代の方よりもハツラツとしてて

毎日自分で車を運転し カラオケや大正琴の教室にも通い

野菜類も食べきれないほど沢山作っています

年寄りは腰や膝が弱くなるのですが 母のの足腰はまったくの健全で

階段もひょいひょい上って下りて ・・・・・私の方が先にヘバってますよ (笑)

(北村の分家の伯父は93歳で急な階段を上り下りしてるのでこちらもビックリですが)





毎日 健康でいてくれる母に 感謝しています   ・・・・いろんな意味で ←もしもし  


Posted by 山羊 at 22:10Comments(0)日常

2006年12月25日

ケーキ

24日 クリスマスイブ しかも日曜日

息子らは3人とも仕事日でいない

朝から夫と二人きり

アレコレ考えてみると 25年ぶりに夫と二人きりのイブです 

そして二人だけっていうのが今回が2回目

結婚した年以外 クリスマスイブを夫と二人だけで過ごしたことがありません

すぐに長男が生まれちゃったし 結婚前もなかったし

そうそう結婚前のイブは 事もあろうに夫は救急車で運ばれ入院をしてしまった日でした

(注 私が毒を盛ったとか刃物を振り回したとかじゃありません あしからず)


だもんで 本当に久々で。。。。







。。。。。。ああ  夫が 




うざい (ーー;)  ←えっ?





若い頃は二人きりも良かったかも知れない。。。



あれから40年!!。。。じゃなくて25年


夫は ただ ただ うざい存在となりました  ←きみまろ風


イブだろうがなんだろうが せっかくの休日なんだもん


ハチミツ入りのミルクティでも飲みながら 一人でゆっくり過ごしたいわ~




夕食の時間になっても 息子らは誰も帰ってはこなくて

旦那と二人で クリスマスケーキにロウソクの火を灯し 「せ~の」で 



ため息で火を消しました(笑)  ← 二人とも大~きなため息でしたわ





さて 今年のクリスマスケーキはこんなデザインでした




うーん 「聖闘士星矢」のプロテクターを思い出したのは私だけでしょうか



そして 。。。。。  icon23

  続きを読む


Posted by 山羊 at 10:29Comments(0)日常

2006年12月20日

23歳



あら まあ~

本日は次男の誕生日だったりして・・・・・・?

なんて気が付いたのが午後5時

6時半に退社後 慌てて「ほんだ」さんに駆け込みチョイスしたのがこのケーキ

お店で お名前プレート付けますよ~ ロウソクは何本ですか?と聞かれ

いえいえ そんな歳でもありませんし でも3本だけ付けてもらおうかな(笑)



実はこの日    あ~あ~ ↓ ←テンション下がりまくり

今年は三男も専学を卒業し 晴れて美容師として就職して 

私たち親もやっと教育関係から卒業 やれやれ



と 思ったのに 本日 大学の入学金及び前期授業料を支払ってきました

ええ ええ なんとなんと 23歳の次男のために・・・・・


せっかく社会人やっていたのに来春から大学生になるんです


もう一踏ん張り・・・・・じゃない もう4踏ん張りしなきゃ ふぅ


ところで 社会人の息子の学費って・・・・icon23
  続きを読む


Posted by 山羊 at 22:00Comments(0)日常

2006年12月08日

そして すき焼きの夜

明日はすき焼きにするから 9時までには帰ってきて と言ったのに

結局 9時になっても だ~れも帰ってこない

ちくしょうめ!! 母ちゃん一人で全部食べてやる!! 凸(▼▼メ)



仕方なく一人すき焼きをたらふく食べて 

家に鍵をかけワンコの散歩に出掛け

散歩で満腹のお腹がだいぶこなれて意気揚々と帰宅すると そこには

私の留守中に帰宅した野郎どもがすき焼き鍋を囲んで一家団らんの風景


凸(▼▼メ) 凸(▼▼メ) 凸(▼▼メ)



あ~嫌だ 嫌だ

昔は夫が帰ってこなくて 母子家庭のような夕飯だったのに

子供達が成長したら 今度は独居老人のような夕飯ですよ  

母って つまんない!!  o( ̄^ ̄o)プン



【牛すき焼きの夜 名言集】

母・・・牛のすき焼きを遠慮なく食べたのは27年ぶり

27年前 新人歓迎会の宴会で食べたのが初めてで あれから食べてなかったなぁ

(ちなみにその時の新人とは 私ではなく夫です)

その話を聞いた夫がしんみりと「。。。そりゃ 苦労かけましたねぇ」 ←つまりこの人は何度も食べてるのね


俺なんか(次男) 人生始まって以来のことだよ・・・・・(今月23歳になる)

(もちろん21の三男も人生始まって以来でしょうねぇ(笑)


肉肉肉肉肉肉~!! ←肉の事になると目の色が変わる三男


昨日の肉はもう消化されて外に排泄された だから今晩も食べる!! ←夫
(来週検査だからと言って1日早く食べたくせに・・・)



ねえ・・・すき焼きには豚も入れてよ   ←この期に及んで牛肉に遠慮がちな奴


まだまだ牛肉文化の日が浅い 北海道の一家なのでした  (笑)  


Posted by 山羊 at 00:00Comments(0)日常

2006年12月07日

牛肉来る

我が家に宅配便で牛肉が送られてきた しかも高級牛肉!!

赤身と白身が均等に混ざった牛肉など見た事がない我が家では

その肉の正体に期待が大きく膨らみます・・・・・


「これは 松坂牛だな」


「いや 神戸牛だよ」


「米沢牛かも知れないよ」


「熊野牛さ!!」



見た事がないと言うのも幸せな事で いろんな高級牛肉の思い込みが出来ます うははっ
(ホントにこの中のどれかかも知れないけど まるでわかりません)


冷凍状態で届いたので食べるのは翌日と言う事で冷蔵庫で解凍・・・・・

「俺 いま1枚食べたい!!」 と聞き分けのないことを言い出したのは50歳の夫


まだ凍ってるし 明日の夜すき焼きにするんだから待てば良いでしょ 凸(▼▼メ)


「だって来週検査あるし 明日食べたら反応出るかも知れないし だから今の内食べておく!!」


・・・・・・・・まったく いい歳して (ーー;)



検査前だから食べない 終わったから食べるって

そんな信憑性のない検査結果 まるで意味なし!  凸(▼▼メ)



って言ってる先から肉を一枚引っ張り出して焼いて食べてる困った夫です ・・・(ーー;)
  


Posted by 山羊 at 00:00Comments(0)日常

2006年11月30日

今夜の晩酌の相手

最近はビールより日本酒が美味しいと ちょっと高めの吟醸などを嗜む夫

さて 晩酌の相手に選ばれたのは 11歳の初老犬シェルティ

手の平にお酒をついで ワンコはペロペロと美味しそうに舐めてしまったので

「おっ いける口だねぇ」

「もう一杯 いってみるか?」

と 調子にのって2杯目の杯まであげる始末 そして良い気分になると

「お父さんの話 聞くか? あのなぁ。。。。。」



あんたねぇ 犬相手に何をしてるの?! ゛(`ヘ´#)

と ここで堪らえ切れず突っ込みを入れてみたが 夫と一匹 私をチラッと見ただけで宴は続く



そして最後は

「お前と晩酌できる日が来るとは 嬉しいねぇ」 ←かなりご満悦の夫



なんで犬なんかと晩酌してるんでしょうねぇ   私にはわかりませんよ
だって成人した息子が3人もいて その内の二人はかなりの酒豪
晩酌の相手を頼めばホイホイ飲むのにさ (笑)


もしかして 自分のお気に入りのお酒を息子達に飲み干されちゃうのが嫌なのかも?


やれやれ   ヽ(ー_ー )ノ マイッタネ  


Posted by 山羊 at 01:15Comments(0)日常

2006年11月24日

夫との共同作業

勤労感謝の日 私たち夫婦は家の前で・・・・


「おいっ 抱きつけ!!」 ←旦那



えーっ やんだぁ父ちゃん こんな車の通るところで  はんずかしぃべぇ ヽ(^◇^*)



「バカっ!!」 (`曲´#)



「サッサと電柱に抱きついて ここ押さえてろ!!」

あら 電柱ですかいっ (∩_∩)ゞ


こんなバカな会話をしておりました

我が家ではTVのアンテナや電気の引き込み線・電話線・メーターなどを自前の電柱に収納してまして

昨日はその電柱に保護カバーを取り付けるのに二人で作業をしてたわけです

まあ こんな会話でもして遊ばないと 無計画症な旦那と共同作業なんてとてもじゃないけど出来ませんよ

その旦那の無計画っぷりとは 何か作業をするにあたり綿密な手順を考えたり

必要な道具を揃えたりと言う事がまったくありません

ないまま いきなり・・・または散々せかされて渋々作業をおっぱじめる訳です

当然 結果は悲惨なもの 間に合わせの材料でヘンテコなオブジェに作るか

途中でやめて次週に持ち越しと言いながら釣りに出かけるか

極希に上手く行くと その出来映えにしばし浸って 

ワンコにまで「父ちゃん凄いだろう」と自慢をするか・・



綿密な計画と道具をすべて揃えてからじゃないと作業を始められない私には見てるだけでも苦痛でした

だから 旦那と作業をするのが大っ嫌い!! なんだよぉ p(*`Д´*)q



などと 常日頃思っていましたが 先週の義兄の襲撃から ちょっとだけ見方が変わりました

義兄の普段の所行を聞いてましたら・・・・・・・


うちの旦那の方が まだマシじゃん!!!Σ( ̄▼ ̄;)





今後の旦那との生活に一筋の光が見えました

(と言うわけで 冒頭の和やかな共同作業に相成ったわけです)



襲撃により家が綺麗になった事も含め 義兄には感謝致します・・・・



私信   お義姉さま・・・心中お察し致します  


Posted by 山羊 at 18:13Comments(0)日常

2006年11月20日

深夜の大掃除

日曜の朝 8時30分 東京に住む義兄に襲撃されました




「いま 駅に着いた」

と電話を貰った時 夫はまだ顔を洗っていて

私は布団の中で目覚ましを止めた時でした


。。。。。。。。。9時に来るって言ってたのに(ーー;)

(9時に人が来るのに8時半に起きるというのはどうかという突っ込みはなしの方向で)



義兄の話だと札幌でクラス会があって朝の4時まで飲んだくれて 起床は5時とのこと

普段から仕事でこの時間の起床で習慣になってるらしいが

飲んだくれてもそれが出来るなんて 違った意味で尊敬します


ちなみに私は土曜の昼に義兄がやってくることを夫のメールで知り 慌てて掃除をした 

アレコレ溜まりに溜まったガラクタ類やら テーブルを山のように埋め尽くしていた本やらを片づけ

何故か全然関係のない風呂場の黒カビを落としたり・・・・

掃除で焦り出すとやらなくていいようなところをやってしまうものです

つーかそんなところを磨くなら居間の窓ガラス枠の黒ずみでも磨けよ じぶん

そんなことを頭に過ぎったが風呂場をやり出すと止まらない

いやいや うちの夫のことだから「風呂はいるか?」とか ←朝から?

私が一番案内したくない場所を突拍子もなく言い出すに違いないと思ったからです

つまり 私はそれだけ追いつめられていたのです

掃除は朝の6時半まで続いて 寝たのは朝の7時。。。。つまり睡眠時間は1時間半

ふっ 私の方が義兄より30分多く寝てるぞ! ←なにをはりあってんだよ


そんな私を見透かしたのかどうかはわからないが

「この時間はまだ寝てるんじゃないの?」と義兄に言われ

もちろん 「ええ まあ 。。。ははははっ」と謙虚に返事しましたが 心の中では







んなの あたりまえじゃねぇか!! 



まっ こんな事でもなければ掃除なんかする気にはなれないから

久々に家の中がすっきりとした掃除記念日ということにしておこう


(テーブルの上の本はたぶん半年振りに片づいたかも・・・)


これで 年末の大掃除は 終わった 終わった♪

(。_+)☆\(-"-) バキッ!!
  


Posted by 山羊 at 13:01Comments(0)日常

2006年11月17日

小人さん

今朝はめずらしく7時前に起き出してシャワーを使い 朝ご飯も食べた ←私には珍しいの!

朝ご飯を食べてる母を見て 息子ら3人ともが驚き同じ事を聞く

「どうしたの!? こんなに早く起きて ご飯まで食べて!!」 (`◎o◯´;)


お腹空いたから・・・・・ ボソッ



「ふ~ん」   「へぇ~」    「ふっ」  ←息子3人それぞれ






うりゃぁぁぁぁぁ おまいたち!! 

なぜ「お腹空いたから」で納得するんだよ!!



毎日明け方近くまで起きてゴソゴソしてる母が 昨夜は10時過ぎには布団に入って寝たのに

その異変に何も気がつかないって どうよ!!



昨日の朝は頭が痛くて目が覚め 動いてる内に直るだろうと思っていたら全然直らなくて

お昼ご飯の後にいつもの頭痛薬を飲んだのだけど夕方になっても全然良くならなく

下を向いたり力を入れたり重い物を持つとぐわぁんぐわぁんとするし 胃はムカムカするし 

集中力欠如でご飯作るのに1時間以上かかるしで もうな~んもかも嫌になって

台所も片づけず 米も研がず フロも入らず アイロンも掛けずにサッサと寝たのに



その事に誰も気がつかないなんて・・・・・・・・・



母は かなすぃ  (T▽T)







あっでもね 朝起きたら 台所は片づき ご飯も炊けてました

どうやら 夜中に小人さんがわらわら出てきて 日頃の私を労ってくれたらしい


小人さんへもうひとつお願い  レッツクリック→


  続きを読む


Posted by 山羊 at 23:00Comments(0)日常

2006年11月14日

家族百景

初雪が降った♪ワンワンワン なんで事じゃなく

あっという間に雪が泥水に変わってしまうのもワンコの足がドロドロになって困ります

新しい散歩用コートに肉球のハンコをつけられました (T▽T)

おまけに新しい長靴も馴染みがないゴム臭なのか クンクンクン フガフガフガッ

ぅわぁぁぁぁぁぁぁ やめてぇぇぇぇぇぇぇ



あわやマーキングまでされるところでした



もしかして 私の方がワンコの所有物なのでしょうか?





何か躾が間違っていたのではないかと気がつく今日この頃





そして 我が夫

ワンコを呼んで 目の前に座らせ



「お父さんな 今日は吉備団子を持ってるんだぞ」

「樹理 これ食べたら お父さんの言う事を利くんだぞ わかったな」



吉備団子を手に意気揚々得意満面な笑顔でワンコに望むその姿





あんたは 桃太郎か!!


もちろん ワンコは吉備団子をいただくと夫が呼び止めるのも無視してサッサとその場を去りましたけどね



っていうか老犬ワンコは殆ど耳が聞こえてないんだから 言い聞かせても無理でしょ

いやいや それ以前の問題ですけどね





そんな夫婦の間に生まれた息子(次男)

翌朝テーブルの上に残っていた吉備団子をみつけて



「あっ もう一個しかない!!」 とパクリ



それね~ 昨日お父さんがワンコに「吉備団子あげるから言う事きけ」って言ってたよ

だからあんた 食べたんだから お父さんの家来になるんだよ





「ええぇぇぇぇっ」 (`◎o◯´;)



と マジなリアクションをするのでした





これが長男や三男だったら 「ふっ」と冷ややかなリアクションなんですけどね   


Posted by 山羊 at 12:49Comments(0)日常

2006年11月13日

初雪



とうとう来ちゃいました 冬!!


初雪が降りました (12日お昼頃のこと)


外ワンコの小屋の屋根と私の車に積雪1センチ(笑)


さむい。。。。。。。。。ブルブルブルっ  


Posted by 山羊 at 03:23Comments(0)日常

2006年10月27日

時代の波に乗る夫婦

とうとう優勝しちゃいましたね 日ハム

高校野球に続きいったい北海道の野球界はどうしちゃったのでしょうか♪  ヽ(*^∇^*)ノ



古田さん以外の野球にはあまり興味がありませんでしたが

日ハムがこんなに活躍してるのですから 時代の波に乗らなければと 

夫とテレビの前で観戦しておりました



以下 昨夜のTVを前にしての会話



「なんでシンジョーばっかり映してんだよ バッターはまだだろっ」 ←夫

だ~か~ら 次で選手生活最後のバッターだから そのシンジョー(心情)を見せてるんだろうが!



ああ 日ハム選手席 みんなでガムをクチャクチャしてる ロッテじゃあるまいし

ガムじゃなくて みんなでシャウエッセン(粗挽きウィンナー)をポリポリすればいいのにね

「おう それいいな 日本ハムだし」



「シンジョー! なんでもいいから 取りあえず バット振れー!」 

なんか 泣いてるし ボール見えないんじゃない ←いやな奴

「いいんだ 最後だから 振れ 振れ!」



シンジョー まだ泣いてるし

あれで飛んできたボール取れなかったら どうするのかな

「だべな」



「あっ モリモトにきたぁ~!」



「取ったぁ~! 取ったぞ~」 p(*゜Д゜*)q




な~んだ シンジョーじゃないんだ ふっ ←ボソッ


と 言いながら 目がうるうるとしてきてしまいました


日本ハム 優勝おめでとう~

新庄さん ご苦労様て゛した そしてありがとう ヽ(*^∇^*)ノ



ああ ちゃんと時代の波に乗れて良かった♪




それにしても ひとつ気がかりなのが ・・・・


チュウニチノブコ婦人の逆鱗は如何ばかりかと・・・・ 

オチアイ監督の心情をお察し致します ←余計なお世話でしょうか  


Posted by 山羊 at 13:09Comments(0)日常

2006年10月25日

その服はなに?

あれよあれよ寒さが増し 昨夜は我慢出来なくて2枚仕立ての毛布を羽布団の上に掛けました

ずっしり重くなった布団が心地よくて 目が覚めたら8時半! ひぃ~

既に旦那と長男は出かけた模様・・・・で 三男がシャワー使って 次男はまだ寝てるらしい



昨夜など1日動いてなかった車の表面は霜が真っ白に張り付いてたし

夜の散歩は耳がシバレてしまうので帽子が必要なくらい

それなのに ああ それなのに 灯油が高くて。。。ストーブ付けるのにも躊躇。。。するのは私だけですか

そもそも こんなに寒いのに我が家の若者達はどうなってるのでしょう?

半袖Tシャツ1枚でふらふらして 風邪引いただの 鼻水がジュルジュルしてます

それに付け加え 三男の服と言ったら なんですか?

ビリっと破いたような服に 安全ピンあちこちにザクザクついていて 

如何にも安全ピンでしのいでますって感じで まったく嘆かわしいです

「お母さん 縫ってくれないの?」 「お裁縫はダメなんだね」

世間から そう言われてるような気がします (T▽T)

仕事先ではお客さんから「おにいちゃん 変わった服着てるねぇ」と言われてるらしい



やめてくれ~ 凸(▼▼メ)

食卓イスがあんったのズボンに付いてる安全ピンやら錨が引っかかってビリビリなんですけど!

なんで こんな妙ちくりんな格好をするようになったんだか ふぅ

母さんには まったく理解出来ません  


Posted by 山羊 at 13:31Comments(0)日常

2006年10月24日

秋に思う

思い起こせば春の予定では 今頃は夫婦揃って病院のベットの上
父の法事を7日に済ませ その後すぐに夫が入院し 準備が出来たら私も
そして私の腎臓を夫に移植する そんな計画でした
今ではそんなに危険な手術ではないので心配はなかったけど
それでも100%はありませんので 息子達それぞれに運が悪いこともあるから
覚悟だけはしておいてねと言い含めていました
特に24歳の長男にはどちらかがもしものときはどちらかもまだ入院してると思うから
ちゃんと仕切って兄弟で協力して見送ってね なんて頼んだり(笑)

夫婦間の適合率も申し分ない結果がでて 私の健康検査まで進み
検査結果もどの項目もクリアし・・・・と最後の項目で重大な結果が見つかり 
それで おしまい・・・・ 大きな波がざんぶりとふりかかりそして波はサーっと引いていった
そんな感じだったでしょうか

この10月は結婚25年目にして大きな意味のある月になる予定でした

それが移植もダメになり 普通の10月を過ごす事に・・・・だったはずが
またまた予想外にカービングブログが本で紹介されたり
お料理コンテストに応募したり カービング教室が予想以上に盛況だったり
更に文化祭にカービングを出品したら生徒希望者があったりと
まさにソフトバンク状態な10月になってしまいました (笑)

移植手術をしてもしなくても この秋はなんだか運命に導かれたような時間のように思えます

さて これから冬に向かい 冬囲いを済ませ
カービング教室とは別に手仕事教室を開講させる予定

夫婦ともいつまで・・・いつどうなるかわからないけれど
悔いなく有意義な時間を過ごそうと思った秋です


な~んて かっこつけても お互い好きな事しよう という魂胆 (笑)  


Posted by 山羊 at 16:28Comments(0)日常